メキシコペソ円のスワップポイントを徹底比較

高金利通貨として最近様々な証券会社で取り扱いが増えており、注目が高まっている通貨がメキシコペソ円です。今回は高金利通貨の一角を占めるメキシコペソ円を取り扱う証券会社のスワップポイントを比較します。

 

メキシコペソ円とは?

メキシコペソ円は価格が安く少ない資金で購入することができる一方で、スワップポイントが高いため、高利回りで運用することが可能となっています。

例えば、レバレッジ1倍での運用でも約55万円で年間5.5万円のスワップポイントを受け取れることから年利10%で運用できるのです。そのため、FXでありがちなロスカットを避けながら年利10%を実現できるというわけです。

もちろん少しリスクを取ってレバレッジを2倍、3倍とかけていくと、年利もレバレッジに応じて20%、30%と上がっていきます。

このように魅力的な利回りが期待できるメキシコペソですが、最も重要なのはスワップポイントが高い会社で運用することです。各社でスワップポイントが異なるため、できるだけスワップポイントが高い会社を利用することにより、より高い利回りが期待できますよ。

 

メキシコペソ円のスワップポイントランキング

どの証券会社でメキシコペソ円のスワップ運用をしていくのが最もお得なのか比較していきます。

メキシコペソ円を取扱う証券会社と1日あたりのスワップポイント/1万通貨は以下の通りです。(2019年1月7日の週のランキング)

スワップポイントは日によって変動します。平均的に高いスワップポイントを受け取れる会社を選ぶことが大切ですし、ランキングは常に変動するので切り替えができるよう複数の証券会社の口座を持っておくことが必要になってきます。

 

メキシコペソは注目が高まっていることもあり、取り扱い業者がたくさんあります。あまり多くを紹介しても使い切れないので、スワップポイントが高く使い勝手のよい業者を3社厳選してご紹介します。

メキシコペソでスワップ投資を始めるならどれも持っておきたい口座ですので、リスク管理も考慮してあまり一つの業者を決めうちにせずに複数持っておくのがおすすめです。

 

1位:セントラル短資FX

・一日平均スワップポイント:16円
・最低取引単位:1,000通貨
・スプレッド:0.5銭(業界最狭)
・スワップポイントの決済前の引き出し(出金):可能
・メリット:これまで行政処分を一度も受けたことがない優良企業
・デメリット:老舗短資会社で歴史があるものの認知度が低い

1位はセントラル短資FXでした。

スワップポイント運用は受け取れるスワップポイントが高い会社を利用するのが鉄則なので、運用利回りを上げるためにも口座を持っておくほうがいいですね。

一般にはあまり知られていないのですが、高金利通貨を取り扱う業者の中では有名なので口座を持っておいて損はないですし、とりあえず一つ口座開設するならここですかね。

 
 
 

2位:みんなのFX

・一日平均スワップポイント:14円
・最低取引単位:1,000通貨
・スプレッド:1.8銭原則固定
・メリット:高金利通貨(トルコリラ、メキシコペソ、南アフリカランド)のスワップポイントに注力しており平均してスワップポイントが高い
・デメリット:スプレッドが若干広い。スワップポイント運用は長期で保有するので購入時のスプレッドはあまり考慮する必要はありませんが、スプレッドは狭いほうがいいです。

2位はみんなのFXです。

みんなのFX会社のは新規参入組ながら継続して高いスワップポイントで急成長中です。

高いスワップポイントを付与することを売りにしているので今後の高スワップが期待できるため、口座を持っておきたいところです。

 
 

3位:LIGHT FX

・一日平均スワップポイント:14円
・最低取引単位:1,000通貨
・スプレッド:1.8銭原則固定
・メリット:高金利通貨(トルコリラ、メキシコペソ、南アフリカランド)のスワップポイントに注力しており平均してスワップポイントが高い。みんなのFXとスペックが全く同じなので、通貨ごとに使い分けるのがおすすめ。
・デメリット:スプレッドが若干広い。スワップポイント運用は長期で保有するので購入時のスプレッドはあまり考慮する必要はありませんが、スプレッドは狭いほうがいいです。

3位にはLIGHT FXがランクイン。

LIGHT FXはみんなのFXと同じトレイダーズ証券が運営するサービスです。

同じサービスならどちらかの口座を持っていればいいのではないかと思うかもしれませんが、一つの口座でメキシコペソだけでなく、他の高金利通貨である南アフリカランドやトルコリラを運用していると、一つの通貨が暴落したときに他の通貨もロスカットされるリスクが高まります。

そのため、みんなのFXで南アフリカランドを、LIGHT FXでメキシコペソを、といったように通貨別に管理することにより、他の通貨を巻き添えにしなくて済みます。

ロスカットになると一気に運用利回りが下がってしまうので、資金量を増やしてロスカットにならないようにすべきですが、万が一ロスカットになる場合でも他の通貨も合わせてロスカットされてしまうとさらに傷口が広がりますので、同じスペックでも複数の口座を持つことが有効なのです。

メキシコペソのスワップ投資の始め方

メキシコの政策金利は2019年01月19日現在で8.25%となっています。

メキシコペソは高金利通貨として人気の南アフリカランドなどの他の高金利通貨に比べてもスワップポイントが高く、大きな利回りが期待できることが人気となっています。

そして、トルコや南アフリカよりも投資格付けが高く日本並みとなっているので、運用先として安定していることが魅力です。

スワップポイントは毎日発生しますので、あれこれ悩むよりも早く始めることで時間を味方にして資産を拡大していきましょう。

 

メキシコペソ円について詳しく知りたい方は以下の記事を参考にしてみてください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA