不労所得を得る仕組みの作り方

不労所得とはまさしく自分自身が働かなくても自動的にお金が入ってくる状態を指します。

このように定期的に入ってくるお金の流れを生み出すための「仕組み」づくりの方法についてご紹介します。

 

稼げる仕組みの作り方

稼げる仕組みは以下の2つの方法により構築します。

 

労働力の投下による仕組み構築

自分の手足を使って自ら稼げる仕組みを構築することを指します。例えば、ブログによる仕組み化は以下の流れで行われます。

 

  1. サーバーやドメインを取得しブログを立ち上げる
  2. 記事やコンテンツを生産する
  3. アドセンス等収益を得られるプログラムに登録する
  4. 広告収入を得る
  5. 必要に応じて宣伝やコンテンツのメンテナンスを行う

 

この中で労働力を最も要するのは記事やコンテンツを生産することです。コンテンツを生産することにより収益を生むので、最も注力するべき項目とも言えます。独自のコンテンツを生み出し、これに収益を生み出す仕組みを導入することにより、それは自分自身の分身となり、それが収益を自動的に生んでくれる金の卵となるのです。

ブログであれば365日24時間常に公開され、自分が寝ている間も本業の仕事をしている間もまさに自分の分身となって収益を運んでくれる仕組みとして機能してくれます。

仮にコンテンツの作成に3時間かかったとしても、その記事は自分が削除しない限りはほぼ永久的に公開されているので、その3時間が3時間以上の効果を持つ作業になるのです。

仕組みの構築に要する労働は、アルバイトに代表される時間単位の労働とは性質が根本的に異なります。アルバイトはある会社の稼ぐ仕組みの中で労働力を提供する対価として時給が発生するため、労働力はあくまで会社が作り上げた仕組みを動かすために使われます。だからこそ労働力を提供し続けなければ時給は発生しませんよね。当然のことながら仕組みの所有者である会社が最も多くの収益を手にし、雇用者は仕組みから得た収益を得ることはできず、提供した労働力分の時給しか得られないのです。

しかしながら、自分で仕組みを構築するための労働は仕組みを構築することを目的としているため、仕組みさえ構築できてしまえば、ほぼ自動的に収益を生んでくれます。なぜなら収益を生むのは仕組みであり、その仕組みの所有者はあなた自身だからです。

このように自分で労働力を投下し、稼げる仕組みを作ることが不労所得を得るための1つの方法です。

 

資金の投下による仕組み構築

もう一つの仕組みは自身の資金を投下することによる仕組みです。それはつまり、投資を指します。

例えば株式投資による収益の仕組み化は以下の流れで行われます。

 

  1. 証券会社の口座を開設する
  2. 銘柄を決定し、株式を購入する
  3. 配当金を得る
  4. 配当金を再投資しさらなる配当金を得る

 

株式投資の場合はまず証券会社の口座を開設することと、銘柄を決定し、自身の資金を投下して購入するという手続きが必要になります。そして、銘柄を購入すれば定期的に企業から配当金が支払われます。これが自分の資金を投下して配当金という収益を得る仕組みになります。

そして、その配当金を元にさらに株式を買い付けるのであれば、保有する株数が増えますので、配当金がさらに増えますね。このように、配当金を再投資することでさらに配当金額を増加させることができる(=収益を拡大できる)のです。

 

どちらの仕組みで取り組むか

どちらの仕組みで取り組むかはどのような形で収益を得る仕組みを作るかにより変わります。

労働力を仕組みに投下するのであれば、多くの労働力を仕組みの構築のために費やすことになります。一方で、資金を仕組みの構築に投下する場合は、収益を多く得るためには多くの資金を投下する必要があるため、多額の資金を持っていなければ仕組みを構築することによりあげられる収益が少なくなります。

従って、多くの場合、労働力を投下して仕組みを作り、その仕組みにより得たお金を投資資金として投下し、投資リターンを得る形になります。

 

仕組みを作るには早いほうが良い

仕組みを作るには時間も労力もかかります。なぜなら、簡単に仕組みが作れるのであれば、多くの人が不労所得を得ているはずだからです。

構築するのに苦労が伴うからこそ、作り上げる意味がああり、一度作り上げた仕組みは簡単には陳腐化しません。

ただし、仕組みを作るのに期限はありませんので自分のペースで進めていくことが可能です。もちろん時間も労力もかかりますが、会社員の労働とは異なり、労働力として投下したものが収益を生む種として残り続けます。

取り組んだからといって成果が簡単に出るわけではありませんが、取り組むなら早いほうが良いのは紛れもない事実です。諦めずに地道に進めていけば大なり小なり収益を生む仕組みづくりが可能になります。

 

定年になるまで働くよりも仕組みを作るほうが楽である

仕組みを作るための労力は、労働者として定年になるまで毎日働くよりもかかる労力が少ないし、労力が報われやすいです。

会社員はあくまで会社が作り上げたビジネスモデルにおいて、稼ぐための歯車に過ぎませんし、上げた収益を給料以外の形で得ることはできません。たとえ、会社に大きな影響を与えるほどの成果を出したとしても、あなたに対する恩恵は少しボーナスが増えるくらいでしょう。会社員を続ける限りはこの構造から逃れることはできません。

一方で、仕組みづくりは一筋縄ではできませんが、その先に明るく自由な未来が待っているのだとすれば、仕組みづくりを頑張ることに意味があります。

仕組みさえできてしまえば、それを回すのは仕組みを作り上げるよりも少ない労力で済みます。会社員としての労働と稼ぐ仕組みづくりのための労働を同時に行うことは、なかなか厳しいものがあり、多くの人は取り組まない、もしくは取り組んだとしても成果が出なくて諦めてしまいます。

ですが、上げた収益は全て自分のものになり、その収益を再投資することによってさらに多木な収益を上げることも可能です。であれば、今は苦しくても仕組みづくりに取り組むことで、明るい将来を実現していきましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA