共働き夫婦の我が家の家計管理方法

結婚している方やこれから結婚を考えている方は、どのように二人で生活費を負担していくかが問題になりますよね。

私の周りには二人のどちらかが一括して家計を管理する方もいますし、必要な生活費を拠出してそれ以外はお互いが自由に使えるようにしている方もいます。

結婚すると必ずこの問題にぶち当たりますが、我が家ではどのように管理しているのかご紹介したいと思います。お金はモメる原因になりますので、できる限り結婚前にルールを決めておいたほうがいいですよ。

 

我が家の家計管理方法

我が家は共働きですが、お互いに必要な生活費を給料から拠出して、給料から生活費を引いた分はお互いが自由に使えるというルールです。

なぜこのルールなのかというと、お互いにお金を管理されたくないタイプの人間で、自由にお金を使いたいからです。この家計管理方法はメリットもあればデメリットもあります。

 

メリット

  • 給料から生活費を引いた分は自由に使えるので、お小遣い制より毎月使える金額が多くなる
  • お金の使い道をとやかく言われないのでストレスがない

 

デメリット

  • お互いがいくら持っているのかわからないため将来の計画が立てにくい

 

向いている人

  • 共働きでお互いの年収に大幅な金額差がない夫婦
  • より多くの自由に使えるお金が欲しい人
  • 相手に自分のお金の使い道に口出しされたくない人
  • 積立投資をしている人

 

以下で具体的な運用方法を説明します。

 

拠出金額の決め方

生活費を拠出制にするとどのように拠出する金額を決めるかが気になりますね。我が家ではお互いの年収を元に拠出割合を決めます。私のほうが少し年収が高いので多めに負担しています。

例えば、月の生活費が7万円の場合、私が4万円、妻が3万円という風に負担割合を変えています。この負担割合は不公平感が出ないように決めないとモメますので、お互いが納得できる金額にしましょう。

 

生活費の管理方法

清算が面倒なので現金で管理せず、生活費管理用の銀行口座を作り、その銀行が発行するデビットカードで決済するようにしています。

つまり、本人用と家族用のデビットカードを作ってお互いが生活に必要と思われるものを購入していき、代金が口座から引き落とされるという仕組みです。

 

なぜ共有口座を作るのか

生活費を管理しやすくするためです。

個人の口座をカードの引き落とし口座に指定しても良いのですが、個人と家族の利用分を分けて管理したいのと、個人口座だといくら使っていくら過不足があったのかきちんと見ないと把握しにくいため、共有口座を利用しています。

 

共有口座への振込方法

住信SBIネット銀行の「定額自動振込」を利用して、毎月の指定日に自動的に振込されるように設定しています。

 

なぜクレジットカードではなくデビットカードなのか

ポイント還元率を考えるとクレジットカードの方が有利であるにもかかわらず、なぜデビットカードなのかと思われる方もいるでしょう。

それは、クレジットカードは使いすぎてしまった場合に銀行口座の残高が足りなくなり、引き落としができなくなるリスクがあるからです。支払いが滞ると個人の信用に傷がついてしまい、他のクレジットカードの発行・継続ができなくなってしまう危険性があります。

 

一方、デビットカードは銀行口座の残高分しか決済できず、しかもすぐに支払った分が残高に反映されますので、いくら使い、いくら残っているのかが把握しやすいというメリットがあります。

 

我が家ではクレジット決済によるポイント還元よりも、家計の透明化のほうがメリットが大きいと判断し、デビットカードを使っています。具体的にはスルガ銀行デビットカードを使っています。理由は、家族カードを発行できるのがこのデビットカードだけだからです。

 

口座残高を超える買い物をするときにはどうするのか

生活費分しか口座には入れておりませんので、冷蔵庫や洗濯機等の大きな買い物をしたり、生活費を使い過ぎたりすると残高が足りなくなり、デビットカードで購入できなくなります。

そのような場合はお互いのどちらかのクレジットカードで一旦決済し、その後二人で費用負担を都度相談して決めています。金額が多い場合はどちらかの個人の銀行口座に振り込み、金額が少ない場合はkyashという個人間送金アプリで送金しています。

その場合どちかに支払うというステップが入りますが、日々の生活の中で大きな買い物をすることはたまにしかありませんので、そこまで気にしなくてもよいかと思います。

 

カード決済に対応していない店舗で買い物をするときはどうするのか

現金で支払う場合はどちらかが建て替えて、後で費用を清算します。小銭を扱うのが面倒なのでこれまたkyashで送金します。このアプリを使うほうが現金を受け渡しするよりもスムーズで利便性が高いことから、少額の送金は全てkyashで行うようにしています。

 

家賃の支払い方法

家賃支払いでカード決済に対応しているケースはほとんどないと思います。我が家は賃貸ですが、カード払いを受け付けていないため銀行口座からの引き落としです。毎月生活費と家賃を共有口座に振り込んでいます。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。他の家庭の生活費の管理方法は気になりますよね。私も結婚前に色んな人に散々聞いてまわり、たどり着いたのがこの形です。

我が家の場合はお互いに毎月一定額を投資に回しておりますので、パートナーに家計を管理されてしまうと投資資金を確保できなくなってしまう恐れがあり、よりフレキシブルなこの仕組みに落ち着きました。

いまのところ特に不自由は感じておりませんので、個人的にはなかなかうまく機能していると思っています。参考にしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA