収入を増やす最も効果的な方法は転職

労働からの卒業のためには働かなくてもお金が入ってくる仕組みを作ることが必要になります。そのために副業を行って収入の複線化を行うわけです。

しかし、副業はすぐに成果が出ませんよね?アルバイトやせどりではすぐに成果が出ますが、休日も働き続けなければ収入にならないのがデメリットですし、会社で残業したほうが稼げるというのはよくある話です。さらに資産運用にしても、いくら高利回りで運用できたとしても投下できる資本が少なければ大きく資産を増やすことはできませんので、現物だけで稼ぐためには種銭を多く用意する必要があります。

本業よりも副業の収入のほうが多くなるには、相当な努力と時間を要し、当然ながら成果が保証されているわけではありまさんから、副業で全く稼げない可能性もあるわけです。

 

本業での収入を増やすには転職するのが即効性が高い

ではどうすれば手っ取り早く収入を増やせるのか?それはまず本業での収入を増やすことです。しかし、今の会社で働いて来年からいきなり給料が大幅に増えるなんて都合のいいことはありませんよね。そこで今より給与水準の高い会社に転職することをおすすめします

 

おすすめは副業がOKな会社

最終的に雇われからの卒業を志すにしろそうでないにしろ、会社員という立場は私生活に大きな制約を与えます。住む場所は会社に通勤しやすいところになるでしょうし、自由に休みを取れない可能性もあります。かといって年収が上がらなかったり、不自由な働き方になるのであれば無理して転職する必要はありませんよね。転職することによって年収が上がるのが大前提ですが、どうせ転職するなら副業が認められている会社を選びましょう。そのような会社は多くはありませんが、そのような取り組みをしている会社は働きやすい場合が多いです。今どき社員の業務外での行動に制約を与えてくる会社はイケてない会社なので、そのような会社に在籍しているならさっさと転職OKな会社に転職したほうがいいですよ。

 

副業OKな会社一覧

では副業が認められている会社はどのような会社なのでしょうか。公開情報をもとにまとめました。新たに副業を認める会社もこれからどんどん出てくるでしょうし、最新情報は転職エージェントに聞いたり転職サイトを見てみてください。

情報通信業

  • LINE
  • DeNA
  • サイバーエージェント
  • スマートニュース
  • ロフトワーク
  • トレンダーズ
  • ヤフー
  • サイボウズ
  • エンファクトリー
  • LIG
  • オプト
  • ランサーズ
  • メタップス
  • ダンクソフト
  • サイバード
  • ウィルゲート
  • WOWOW
  • TBSテレビ
  • NTTデータ

 

電気機器

  • ソニー
  • パナソニック
  • カシオ計算機
  • 富士通
  • レノボ・ジャパン
  • 日本ヒューレット・パッカード
  • キヤノン
  • リコー
  • 富士ゼロックス
  • コニカミノルタ

 

携帯電話事業者

  • ソフトバンク

 

輸送用機器

  • 日産自動車
  • 三菱自動車

 

医薬品

  • ロート製薬

 

化学

  • 花王
  • ユニ・チャーム

 

コンサルティング・VC

  • アクセンチュア
  • ソウルドアウト
  • トライバルメディアハウス

 

人材

  • リクルート
  • ビズリーチ
  • クラウドワークス
  • LITALICO
  • ビースタイル
  • エス・エム・エス
  • キャスター

 

eコマース

  • オイシックス
  • メルカリ

 

銀行

  • 三菱UFJ銀行
  • 新生銀行
  • JPモルガン・チェース銀行

 

商社

  • 伊藤忠商事
  • 丸紅

 

サービス業

  • エイチ・アイ・エス

 

おすすめの転職サイト

私も転職歴がありますが、その時にメインで利用したのはビズリーチでした。ビズリーチでは企業の採用担当者やエージェントが他の転職支援サービスより熱心に声をかけてくれたのであれよあれよという間に採用にまでこぎつけてしまいました。無料のお試しサービスがありますので、はじめての方はまず登録してみていろいろと情報収集してみることをおすすめします。

ただし無料期間を過ぎてしまうと結構な月額料金がかかってしまうので、転職のモチベーションが高く、忙しくて転職に時間をかけられず短期決戦で転職先を決めたい人に向いていると思います。

 

まとめ

今よりいい会社で副業が認められている会社に転職するべきです。何をもっていい会社かは人によって様々ですが、最終的に会社員からの卒業を果たすことを志すのであれば、給与水準よりも労働時間や勤務地が自分にあった会社で副業しやすい会社を優先するべきですよね。

これからの日本はもっと労働者の流動性が高くなると思います。新卒一括採用、終身雇用などという雇用慣行は次第に廃れていくと思います。であれば、会社に頼らず自分で稼げる仕組みづくりを進めていくべきであって、転職によって年収が上がるだけでなくスキルアップができれば、これまでよりもっとお金を稼げる人材になれるかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA