固定費の削減によって自由に使えるお金を増やす方法

節約の基本は毎月かかってくる固定費を節約することです。

固定費を削減できればそれだけ必要な費用が少なくなるということですので、家計に与える影響は大きいです。
家計負担が減れば貯金もより多くできますし、投資に振り向けられる金額も増えますので、所得を増やすことよりも手っ取り早い方法だと言えます。
そして、一旦固定費を節約できればその効果はずっと続くため、まずは固定費を削減することから初めてみるべきだと思います。

今回は固定費の削減方法をご紹介します。

 

引っ越しにより家賃を削減できないか

毎月の家賃は家計の中でも最も大きな固定費ですので、まずは家賃の削減を考えてみましょう。仮にひと月1万円でも安くなれば年間12万円の節約になりますので、効果は大きいです。

今借りている部屋の家賃が高いと思っている場合は、引越し費用を加味してもトータルで安くなる物件を探してみましょう。

もちろん家賃を下げるということは今住んでいる物件よりも条件が悪くなることを覚悟するべきですが、節約を意識するあまり通勤時間が長くなってしまったり、治安が悪いところに住んでしまうと、生活に対する幸福度が低下してしまいます。

住まいは幸福度を左右するとても大切な要素ですので、自分の中で妥協できる点をあらかじめ考えた上で決めるようにしたほうがいいですよ。家賃が下がってもストレスや疲れが溜まってしまい散財してしまったら意味がないですからね。

 

住宅ローンの見直しで支払いを削減できないか

持ち家の場合は住宅ローンの返済で毎月の支払いがあると思います。住宅の購入時にはかなり多くの借り入れをしていますから、より金利負担の少ない住宅ローンへの借り換えの検討は効果が大きいです。

とりわけ昨今は日銀のマイナス金利政策によって、住宅ローン金利も安く抑えられていますので、低金利の今が住宅ローンを見直すチャンスです。金利が低いうちに住宅ローンの借り換えを検討してみて、もし少しでも金利が安くなるのであればこの際に借り換えてしまうのも手です。

この先いつまで低金利の状況が続くかわかりませんし、今のうちに借り換えを進めておくと、あとあと数百万円単位の節約につながるかもしれません。時期を見計らうのが難しいですが、節約を考えるのであれば住宅ローンの借り換えは常に念頭に置いておくほうが良いかと思います。

 

保険の見直しで支払いを削減できないか

住宅に続いて人生で最も大きな出費と言われているのが保険です。

生命保険や医療保険等でひと月に1万円以上を払っている方も少なくないと思います。そもそもそんなに多額の保険料を支払ってまで保障を充実させる必要があるのか、今の自分にあった保険は何かを常に見直していくことが節約に繋がります。

家族が入れというから「仕方なく」入らないようにしてください。仮に入るとしても必ず自分が納得した上で入ることと、健康保険が充実している日本において備えるべきリスクがどの程度あるのか見極めてくださいね。

「保険の見直しと言っても難しくてわからないから専門家と相談してから決めたい!」という方は、近年は保険の見直しを専門的に行う業者も増えてきましたので、「保険のビュッフェ」や「保険見直し本舗」に相談してみてはいかがでしょうか。保険見直しサービスは保険会社から独立して事業経営されているため、特定の保険会社に偏った紹介をされず自分にあった保険を紹介してくれるということで近年注目が高まっています。

 

自動車はそもそも必要か

私も自動車を持っていたことがありますが、自動車税、ローン、自動車保険、車検代、駐車場代、ガソリン代等の出費は馬鹿にならないですよね。

車がないと生活ができない場合は必須ですが、公共交通機関が発達している都市であれば車がなくても生活できないか検討してみる価値はあります。

いまはカーシェアリングサービスやレンタカーもありますし、休日しか乗らないのであればいっそのこと自分で保有せず、車を使うときだけこれらのサービスを利用する方が節約になります。自動車は持っているだけでお金がかかってきますし、利用頻度が少ないのであれば持たないという選択肢も用意していても良いと思います。

私は休日しか車に乗る機会がないため、今は自動車は保有せず、カーシェアリングやレンタカーを都度利用しています。自動車は乗る楽しさもあるので、マイカーを保有することを否定はしませんが、節約を考えるのであれば、これらのサービスを利用することも考えてみましょう。節約できるという金銭的なメリットだけでなく、面倒な洗車や車内清掃も必要がないので疲れないという身体的なメリットもありますよ。

 

携帯電話を格安SIMに変更できないか

身の回りにあるものの中で、意外とお金がかかっているものに携帯電話料金があります。

毎月の利用料金が1万円以上の方はもちろんのこと、毎月5,000円以上の方も格安SIMへの乗り換えを検討することで節約ができます。毎月の利用料金を2,000円~3,000円台に抑えることができ、大幅な節約につながるはずです。

私はUQモバイルを利用していますが、毎月の利用料金は2,000円弱に収まっています。キャリアの利用料金は高額なので、まだ格安SIMを利用されていない方にはぜひ利用してほしいですね。思ったより簡単に乗り換えられますし、節約効果も大きいです。

音声電話付きの格安SIMもありますので、通信速度以外はほとんど利用環境に違いはないですよ。格安SIMの音声通話はキャリアよりも料金が高めに設定されているので、通話料金節約のため「楽天でんわ」で電話をかけるようにするとさらに節約になりますよ。

 

http://1taken.info/2018/06/02/%e6%90%ba%e5%b8%af%e9%80%9a%e4%bf%a1%e8%b2%bb%e3%81%ae%e8%a6%8b%e7%9b%b4%e3%81%97%e3%81%a7%e7%94%9f%e6%b4%bb%e3%81%ab%e3%82%86%e3%81%a8%e3%82%8a%e3%82%92%e7%94%9f%e3%81%bf%e5%87%ba%e3%81%99%e6%96%b9/

 

新聞を取らないことで節約できないか

アプリやネットでニュースを見られるようになった今、新聞の必要性は徐々に低下してきています。新聞購読料は毎月数千円で、ビジネスパーソンの利用者が多い日経新聞に至っては電子版でも4,200円となかなかのお金がかかります。

一般的には新聞を取らなくても困ることは少ないかと思いますので、あまり新聞を読まない方は解約してしまっても良いかと思います。ただし、毎日忙しい日々を送っているビジネスパーソンの中には、業界情報を知るためや顧客との商談に日経新聞の記事を引用することもあるでしょうから、なかなか解約できない状況にある方もいるかと思います。

そんな方には、楽天証券の口座を開設することによって、日経新聞や日経産業新聞等の業界紙を読める「日経テレコン」が無料で利用できるのでおすすめです。私も毎日通勤時に読んでいますが、日経テレコンで十分だと思います。

http://1taken.info/2018/07/03/%e6%97%a5%e7%b5%8c%e6%96%b0%e8%81%9e%e3%82%92%e7%84%a1%e6%96%99%e3%81%a7%e8%aa%ad%e3%82%80%e6%96%b9%e6%b3%95/

 

電気やガスの乗り換えで節約できないか

電気・ガスの自由化により自分で契約する会社を選べる時代になりました。

インターネット・電気・ガスをまとめて契約することで毎月の利用料から割引を受けられる会社もありますので、今契約している会社でそのような制度がないか確認してみましょう。また、他にもっと安く利用できる会社がないか比較検討してみればきっと安いところが見つかるはずです。

当たり前ですが、電気もガスもどの会社と契約してもこれまでと変わりなく利用することができます。たとえ節約額は少なくても毎月の支払いが減るのであれば乗り換えを検討してみてはいかがでしょうか。

 

習い事やジムの費用を削減できないか

健康な体作りのためにジムに通う方や、趣味の習い事をしている方もいるかと思います。

ジム費用の節約であれば、そもそも自宅や外でトレーニングできないかを検討してみましょう。もし週に数回しか行かない(行けない)のであれば、行ける回数に制限のある安いプランに変更できないか検討してみる価値はあります。

習い事も同じで、友人との付き合いや自己研鑽の名目でそんなに必要だと思っていないものでも通っていたりする場合は、退会することや習い事の数や頻度を落とすことを検討してみましょう。

ダラダラ続けていても効果が出ないので、必要ないと判断した場合はキッパリと辞めて、他に興味を持てることを探してみましょう。

 

固定費をクレジットカードで支払うことで更にお得に!

上でご紹介した固定費の多く口座振替やクレジットカードでの支払いに対応しているかと思います。クレジットカードで貯まるポイントは馬鹿にできず、もし固定費をクレジットカードで支払えるようであれば、更に節約になります。

例えば、楽天カードは還元率1%と数あるクレジットカードの中でも還元率が高いほうですし、貯めたポイントで投資信託を購入することもでき、節約したお金を投資により増やすことができる仕組みがあります。

クレジットカードをうまく利用することで、口座振替では得られない料金支払いによるポイントを得ることができます。クレジットカード払いに対応している場合は支払い方法を一度切り替えるだけでお得になりますので、支払い方法の見直しにより更にお得感が増しますよ。

 

最後に:固定費の削減効果は大きく、効果が持続するのでおすすめ

固定費の削減方法をご紹介しましたが、できることもあればなかなかできないこともあるはず。まずはやりやすいところから取り組んでいったほうがいいでしょう。

固定費は毎月かかってくる費用ですので、削減できれば効果が大きく、やめない限りは効果がずっと続きます。

無駄な費用を節約して、自分の趣味を楽しむのもよし、資産運用によりお金を増やすのもよし。固定費の削減によって自由に使えるお金を増やしていくために参考にしてみてください。

 

節約だけでなく、収入の増加や資産運用による不労所得の獲得も同時に進めていけばより効果的です。興味のある方は以下の記事も参考にしてみてください。

http://1taken.info/2018/06/02/%e3%82%b9%e3%82%ad%e3%83%9e%e6%99%82%e9%96%93%e3%82%92%e4%bd%bf%e3%81%a3%e3%81%9f%e8%87%aa%e5%88%86%e3%81%ae%e4%be%a1%e5%80%a4%e3%82%92%e9%ab%98%e3%82%81%e3%82%8b%e8%b3%87%e6%a0%bc%e5%8f%96%e5%be%97/

http://1taken.info/2018/05/27/%e3%83%88%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%82%aa%e3%83%bc%e3%83%88etf%e3%81%a7%e8%b3%87%e9%87%91%e5%8a%b9%e7%8e%87%e3%81%ae%e6%9c%80%e5%a4%a7%e5%8c%96%e3%81%a8%e3%81%bb%e3%81%a3%e3%81%9f%e3%82%89%e3%81%8b/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA