資産運用におけるレバレッジとの付き合い方

資産運用において時間をかけて資産形成したいと思う方は少ないのではないでしょうか。できればできるだけ早くお金を稼ぎたい!というのが正直なところだと思います。

レバレッジを効果的に利用すれば短期的に資産形成を行うことが可能性が高まります。手持ちの資金量が少なくても、レバレッジをかけることにより、より多くの株式を購入することができるため、より投資のパフォーマンスを高められ、得られる配当も多くなる可能性があります。

とても魅力的に聞こえますが、必ずしもそんなに単純なことではありません。上手にレバレッジを利用すると飛躍的に資産を増やすことができますが、下手をすると資産を減らす「諸刃の剣」なのです。

 

レバレッジとは

レバレッジとはそもそも、「テコ」を指します。より少ない資金量で大きな金額を取引できることからレバレッジと呼ばれています。

例えば、CFDやFXにおいて、1万円の資金で2万円分の株式を購入すると、それはレバレッジ2倍となり、1万円で3万円分の株式を購入するとレバレッジ3倍になります。つまり、購入資金の何倍の金額を取引するかが、レバレッジの倍率を指すわけですね。

逆にレバレッジ1倍とは、1万円で1万円分の株式を購入するということですので、現物取引と同じです。現物での株式購入はすべてレバレッジ1倍での取引になります。

 

レバレッジのメリットとは少ない資金で大きな金額を取引できること

レバレッジを利用するとどのようなメリットがあるのでしょうか。具体的に見ていきたいと思います。

レバレッジはかけることにより、自分の手元資金よりも大きな金額を取引できることから、取引に要する資金量が少なくて済むというメリットがあります。例えば、3万円分の株式を購入しようとすると、現物取引であれば必要資金は3万円です。しかしながら、レバレッジ取引であれば3万円よりも少ない金額で取引が可能であるため、例えば必要な資金量が現物の2分の1とか3分の1で済むのです。

そのため、レバレッジを使うと投資にあたって容易すべき資金量が少なくて済みます。

 

レバレッジを使えばレバレッジ倍率分配当利回りが向上する

レバレッジを利用することにより少ない資金量でより多くの株式を購入することが可能であるため、当然のことながら受け取る配当金額も多くなります。

例えば、配当利回り3%の株式を1万円で1万円分購入する場合、年間の配当金額は300円です。これをレバレッジ3倍で購入すると、3万円分の株式に対して利回り3%をかけるため、受け取る配当金額も3倍の900円になります。

配当金は3倍になったものの、手元資金は1万円です。1万円で900円の配当金を得られるため、手元資金に対する配当利回りは9%にもなります。配当利回りが3%の株式を買ったにもかかわらず、レバレッジをかけることにより実質的な配当利回りは9%にもなるのです。

これがレバレッジの効果です。手元資金が少なくても大きな金額を運用できるため、レバレッジ倍率分配当利回りが向上しますね。

 

レバレッジは利益も損失も同じ倍率で膨らむ

レバレッジはメリットばかりではありません。レバレッジは飛躍的に利益を向上させますが、一方で大きなリスクを背負います。

レバレッジを利用することで利益が得られるのは株価が上昇もしくは横ばいで推移しているからであって、株価が下がると損失がレバレッジ倍率分の速度で膨らむことになります。

少ない資金量で多くの株式を購入するので、レバレッジ2倍ならリスクは2倍、レバレッジ3倍ならリスクは3倍です。つまり、株価が上昇すれば現物取引に対してレバレッジ倍率分の利益を得られわけです。

しかし、逆に株価が下がったらどうなるでしょうか。リスクが2倍、3倍ですので、株価が下がると損失も現物取引の2倍、3倍になります。リスクを高めるということは利益も損失も大きくなるということですので、ハイリスク・ハイリターンになるのです。

 

株価が下落しつづけるとロスカットの憂き目に

株価が下がり続けてもそのうち上がるだろうから売らずに持っておけばいいのではないか、と考えることも可能でしょうか。

もちろん短期的な株価の下落であれば耐えることも可能です。しかしそれが耐えられないほどの下落であったならばどうなるでしょうか。レバレッジ倍率が一定以上になると、強制的に売り注文(ロスカット)が発動されて、そのまま持っていることができなくなります。強制イベントですので、我々ができることは含み損に耐えられるだけの資金量を口座に追加してレバレッジ倍率を下げることです。

ここにきて手元に資金がなければどうなるでしょうか。目の前でロスカットされるのを指をくわえて見ているしかありません。自分の資金よりも多くの金額を運用しているわけですから、当初の資金量よりも損失が大きくなる可能性があります。レバレッジは損失リスクもレバレッジ倍率分大きくなることは肝に銘じておくべきでしょう。

 

レバレッジを上手く使いこなすためにできること

レバレッジは使い方を間違えると大きく損失を被りますが、うまく使えば少ない資金量で大きな利益を生み出すことも可能です。リスクが高いからといって使わないのももちろんアリですが、レバレッジ取引の特徴を理解し、許容できる範囲でのリスクを取ることは選択肢として残しておくべきでしょう。

それでは、どうすればレバレッジをうまく利用できるのでしょうか。

 

レバレッジ倍率を低く保つ

レバレッジが高いほど少ない資金量で大きな金額を運用でき、株価が上がれば利益を飛躍的に増やすことができるため高レバレッジになりがちです。しかし、株価は上昇速度よりも下落速度の方が早いです。

例えば、レバレッジ2倍の場合は、株価が50%下落すれば資金量がゼロになり、レバレッジ3倍ならば33%下落すればゼロになります。50%も下落するのはリーマンショックなどの大暴落くらいでしかないですが、レバレッジ2倍程度であればなんとか耐えられそうですが、レバレッジ3倍ならロスカットになってしまいますね。

このようにレバレッジを高く設定していると、急な相場変動に耐えられず、強制ロスカットになる可能性が高まります。それが一時的な調整であったとしてもレバレッジが一定の倍率を超えるとロスカットになるのですから、調整程度の下落であればロスカットに耐えられるよう低レバレッジで運用することが重要です。

 

一気にポジションを増やさず常に入金できる資金を用意しておく

レバレッジ取引は手元資金よりも大きな金額を運用できることから、利益に目がくらんで多くのポジションを取りがちです。

「はじめにたくさん買っておけば配当金も多く手に入るし、その配当金で再投資すれば短期間でどんどん資産が膨らんでいくぞ!」と意気込んで買いたい気持ちはよく分かります。しかし、株価は常に上下するため、レバレッジ倍率が一時的に高くなることがあります。そのようなときに多くのポジションを持っていると、ポジション数xレバレッジ倍率で一気に含み損が増えます。それはそれは恐ろしいほどの速度で増えていきます。

そのため、一気に購入せず常にレバレッジ倍率を意識しながら、レバレッジが高くなりすぎたときには余裕資金を入金してレバレッジを低く保つことが重要になります。

 

このように、レバレッジを過度にかけすぎず、常に急な相場変動に備えて余裕資金を用意しておくことにより、うまくレバレッジ取引を利用することができるでしょう。適切に利用すればとても効率的に資金を運用できるのでリスクが高いからと切り捨てず、選択肢として残しておくのも一案です。

 

レバレッジとうまく付き合って資金効率を高めよう

レバレッジは手元資金よりも何倍もの金額を運用させてくれる強力なツールです。資産運用は資金量がものをいいますので、資金量を増やさなければ大きなパフォーマンスを上げることはできません。とりわけ投資に振り向けられる資金量が少ない投資家にとっては、資金量を増やすことはなかなか難しいため、レバレッジを上手く使えば資金量を補うことができます。

もちろん使い方を誤れば損失額も膨らみやすい代物なのですが、レバレッジを使わないと決め込んでしまうのはもったいないです。低いレバレッジで一気にポジションを持たず、常に入金できるだけの余裕資金を用意しておくことにより、適切なリスク管理に努め、うまくリスクに対して付き合っていけばレバレッジ投資は積極的に活用できる価値のあるものです。このように、リスク管理を徹底して上手にレバレッジを利用して資金効率を高めた投資をしていきましょう。

 

私は、レバレッジをかけてFXや株式に対して以下のような投資を実践しています。

分類 投資ツール
FX自動売買 [affi id=11]、[affi id=2]、[affi id=8]、[affi id=10]
CFD(くりっく株365) 岡三オンライン証券
CFD(店頭CFD) [affi id=7]
ETF [affi id=3]

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA